• トップ /
  • 工業地帯の開発と汚染対策

日本の環境保護とリサイクル

工業地帯の開発と汚染対策

LINEで送る

工業技術と環境保護の視点

日本の国ほど、環境保護とリサイクルが徹底されている国はありません。欧米諸国のような先進国でも、実は日本のようにエコな発想が国民全員にまでは浸透しておらず、またリサイクルが各町まで徹底されている国は殆どありません。日本の場合、市民の環境への意識の高さも然ることながら、工業技術が非常に自然環境に配慮された形で運用されています。新規に工業地帯を開発する時は、まずは環境への悪影響が無いか、専門家が費用と時間をたっぷりとかけてその程度を検査します。環境保護と汚染防止に関する法律が日本には数多く存在しており、たとえ巨大な資本の企業だったとしても、汚染対策をせずに新規に工業地帯を開発する事は出来ません。また環境への悪影響が無い、という明確な判断が出てから工業地帯の開発、新しい建物の建設がスタートするため、海洋汚染や山岳の汚染などは、まず起きない構造になっています。万が一、工事の過程でリスクが出るとなった時も、日本の専門会社は臨機応変に対応を施し、汚染対策に費用と時間を投じます。検査の段階では分からなかったリスクが工事を進める過程で見つかる、現実問題としてこういった事例はしばしばあり、その都度、費用と期間をつけて対応していき、環境保護に努めるのが日本企業の素晴らしい点です。

 

↑PAGE TOP